一口馬主

三冠牝馬 アーモンドアイ ジャパンカップ参戦

こんばんわ!競馬が大好きな鍵(キー)です。

先日の秋華賞に勝利し、三冠牝馬となったアーモンドアイの次走が、ジャパンカップに決定しました。

年内はジャパンカップで終わりみたいなので、頑張ってほしいですね。

牝馬のジャパンカップ勝利

ジャパンカップ創設から37回の歴史で、牝馬の優勝は8回だけです。

3歳牝馬の勝利は、同じく三冠牝馬の『ジェンティルドンナ』だけです。

斤量は53キロと有利ですが、古馬の牡馬も含めて強い馬が集まるので簡単ではありません。

そもそも牝馬で強い馬は、エリザベス女王杯へ向かうことが多いので、出走が少ないです。

アーモンドアイは、初めて古馬との対戦になるので、どこまでやれるのか楽しみです。

1番人気での出走

ジャパンカップ出走予定馬では、『シュヴァルグラン』『サトノダイヤモンド』『スワーヴリチャード』当たりがアーモンドアイと人気を分け合いそうです。

それでも、アーモンドアイが一番人気になりそうです。

個人的には、前年優勝馬の『シュヴァルグラン』が一番怖いです。

『シュヴァルグラン』は昨年、『キタサンブラック』と『レイデオロ』に勝利しています。

前走の京都大賞典こそ、4着に敗れていますが、叩き2走目で調子を上げてきそうです。

ルメール騎手のG1勝利

アーモンドアイの主戦はルメール騎手です。

2018シーズン、ルメール騎手は絶好調です。(2018年11月20日現在)。

騎手リーディングもダントツの一位の193勝です。

JBCスプリントも含めて、G1レースを7つ勝利しています。

重賞レースもG1も含めて、19勝利しています。

ルメール騎手の勢いにも乗って、勝利を目指して欲しいです。

最後に:簡単では無い

ジャパンカップでは、初めての古馬との対戦になります。

簡単では無いと思いますが、無事に走り切って勝利を目指して欲しいです。

こちらの記事もおすすめ!