一口馬主

一口馬主 出資馬のアーモンドアイが牝馬三冠を達成

こんばんわ!

2014年から一口馬主をやっているキーです。

僕はシルクホースクラブの一口馬主であり、アーモンドアイにも1口出資しています。

シルクホースクラブクラブについて書いた記事は「G1ホースも輩出 シルクホースクラブの特徴を紹介」を見てください。

G1ホースも輩出 シルクホースクラブの特徴を紹介 こんばんわ 2014年から一口馬主をやっているキーです。 今回は僕が所属している一口馬主クラブ『シルクホースクラブ』...

2018年10月14に、京都競馬場にてG1レースの秋華賞が行われ、見事アーモンドアイが史上5頭目の牝馬三冠を達成しました。

キー
キー
牝馬三冠を達成してくれて本当にうれしいです。

牝馬三冠レースとは

中央競馬には、牝馬で3歳の内にしか出走できないレースがあります。

その中でも、『桜花賞』『優駿牝馬(オークス)』『秋華賞』の3レースすべてを勝利する事が、牝馬三冠です。

冒頭でも書きましたが、中央競馬史上で、5頭しか達成した競走馬がいません。

『アーモンドアイ』以外の4頭は、1986年『メジロラモーヌ』2003年『スティルインラブ』2010年『アパパネ』2012年『ジェンティルドンナ』です。

各レースでは、走る距離、コースが違うため、様々な能力が求められます。

『桜花賞』は、阪神競馬場で1600M。

『優駿牝馬(オークス)』は、東京競馬場で2400M。

『秋華賞』は、京都競馬場で2000M。

これらの距離もコースも違うレースをすべて勝利する必要があります。

次走はジャパンカップ

アーモンドアイの次走はジャパンカップになりそうです。

今までは同世代の牝馬としか走っていないので、古馬や牡馬と混じっても好走できるのか楽しみです。

秋華賞のレース後は、脱水症状で歩様がおかしかったという情報もあります。

元々、レース間隔を開けて大事に使われてきましたので、無理をせずに進めてほしいです。

3歳牝馬では、『ジェンティルドンナ』がジャパンカップを制しています。

それも『オルフェーヴル』に勝っての勝利でした。

アーモンドアイもジャパンカップに出走するなら、良い勝負が出来ると思うので楽しみです。

もう一つG1レースに勝利すれば、2018年度の年度代表馬にも選ばれるかもしれません。

怪我等無く、無事に行くことを祈っています。

三冠牝馬 アーモンドアイ ジャパンカップ参戦 こんばんわ!競馬が大好きな鍵(キー)です。 先日の秋華賞に勝利し、三冠牝馬となったアーモンドアイの次走が、ジャパンカップに...

父ロードカナロア

アーモンドアイの父は『ロードカナロア』です。

ロードカナロアといえば、日本短距離界のスーパースターです。

香港スプリント連覇という偉業をやってのけました。

またスプリント(1200M)G1だけではなく、マイル(1600M)の安田記念も勝利しています。

種牡馬となってからは、人気が高く毎年、年間200頭を超える種付けを行っています。

アーモンドアイはそのロードカナロアの初年度産駒です。

キー
キー
短距離で活躍したロードカナロアから、三冠牝馬が生まれるとは思いませんでした。

距離に関しては、母の『フサイチパンドラ』の影響も大きかったのかもしれません。

お母さんのフサイチパンドラは2200Mのエリザベス女王杯を制しています。

アーモンドアイのインパクトが強く、今後ロードカナロア産駒はまだまだ人気が出ると思います。

無事に繁殖入り

最終的には、無事に繁殖入りする事が大事です。

本当に怪我無く、無事に行くことを願っています。

これからもワクワクするレースを見せて貰えると期待しています。

牝馬三冠の達成に感動しました。

本当にありがとうございました。

 

アーモンドアイを出資出来た、シルクホースクラブクラブについて書いた記事は「G1ホースも輩出 シルクホースクラブの特徴を紹介」を見てください。

G1ホースも輩出 シルクホースクラブの特徴を紹介 こんばんわ 2014年から一口馬主をやっているキーです。 今回は僕が所属している一口馬主クラブ『シルクホースクラブ』...
こちらの記事もおすすめ!