一口馬主

競走馬に出資する一口馬主、その仕組みを解説

こんばんわ

2014年から一口馬主をやっているキーです。

今回は僕が一口馬主をやって経験したことをお伝えできればと思います。

キー
キー
実際にやってみると儲けるのは大変だよ。

一口馬主の仕組み

一口馬主は、1頭の競走馬を複数人で出資する仕組みです。

詳しいことは下記の『一口馬主DB』がわかりやすく書いてあります。

参考 一口馬主DB 一口クラブ馬の総合情報

一口馬主DB 一口クラブ馬の総合情報

『一口馬主DB』は一口馬主の始め方や、収支といった気になる情報がたくさん詰まっているので、一口馬主に興味があるかたは一読をおすすめします。

一口馬主の出資馬の馬主は、運営会社(クラブ)です。

出資はその競走馬に、投資をするイメージです。

競走馬出資のイメージ

・クラブが1頭の競走馬を5000万で出資する人を募集します

・出資する人を500人募集します。

・5000万を500人で割るので、1口10万で募集。

・1口出資したい人は10万、5口出資したい人は50万、10口出資したい人は100万となります。

競走馬の価格(募集価格)、出資する人の数(口数)は運営会社(クラブ)によって違います。

運営会社(クラブ)も様々ありますので、気になる方は『一口馬主DBでご確認ください。

キー
キー
僕は『キャロットクラブ』 『シルクホースクラブ』『ノルマンディーオーナーズクラブ』の3つのクラブで一口馬主を楽しんでいるよ

経費:支払いと配当

一口馬主で必要な経費をご紹介します。

入会金と会費

一口馬主のクラブでは、入会金が発生します。

こちらは入会時に1度支払って終わりです。

会費に関しては、月々発生します。

キー
キー
僕の所属しているクラブでは、3000円と1000円だよ

入会金も会費もクラブによって異なります。

これらの費用は、出資馬の数にかかわらず発生します。

言ってしますと、10頭出資していようが、1頭出資していようが同じだけ費用がかかります。

また出資馬が0頭になっても、クラブを退会しないかぎり発生するので注意です。

支払い

・出資の際の馬代(出資時の1回のみ)

・飼葉代や預託料(毎月、引退するまで)

・保険代(毎年1回)

以上が主な経費です。

実際に競走馬に出資すると1頭ごとに上記の費用が掛かってきます。

配当

ここまでは費用の話でしたが、出資馬が勝利したり、入着すれば賞金を稼げて配当が発生します。

・レースの賞金(1~5着)

・各手当(出走奨励金や特別手当等)

・保険金(ケガや病気等)

主な配当は上記になります。

ただし、配当に関しては、実際の賞金等の60~70%を目安に考えてください。

騎手、調教師等への進上金や税金、クラブ手数料がひかれる為です。

キー
キー
実際に配当が入ると少ないなぁと感じると思います

一口馬主の始め方

一口馬主を始めるには、各クラブのホームページから資料を取り寄せる必要があります。

・キャロットクラブ

・シルクホースクラブ

・ノルマンディーオーナーズクラブ

上記は僕の所属しているクラブの資料請求ページです。

資料の請求は無料となっています。

一口馬主を始めるには、1頭以上の出資が条件です。

とりあえず、クラブに入会します!というのは出来ないので注意です。

一口馬主で出来る事

一口馬主で出来ることを紹介します。

実際の馬主ではないので、馬主と比べて出来ることと出来ない事があります。

・口取り式参加(人数制限あり)

・競走馬の命名

・記念品の購入

・放牧中の見学

口取り式参加

一口馬主では、出資馬の勝利後の口取り式に参加できます。

ただし、通常10名、重賞では20名までです。(希望者が多いときは抽選となります)

競走馬の命名

一口馬主では、競走馬の命名をすることができます。

ただし、こちらは馬名応募がクラブによって行われて、馬名を応募します。

そして選ばれたら命名することができます。(必ず自分が選ばれるわけではありません)

記念品の購入

一口馬主では、レースに勝利したときの記念品を購入することができます。

金メダルとか金の盃です。

これらの記念品も、購入になりますが、手に入れることができます。

こちらも希望者で抽選となります。

放牧中の見学

出資馬の見学も可能です。

トレセンにいるときはダメですが、牧場で放牧に出ているときは可能となります。

こちらは見学できる日、時間が決まっていて予約することになります。

当然、そのタイミングで出資馬がその牧場にいないとできません。

一口馬主で出来ない事

次は一口馬主で出来ないことを紹介します。

実際の馬主ではないので、馬主と比べて出来ない事が色々とあります。

・競馬場の馬主席、パドックに入る

・栗東、美浦の各トレーニングセンターに入る

・出走レースの選択、騎手の選定

競馬場の馬主席、パドックに入る

競馬場の馬主席には入れません。

一口馬主は、クラブの会員であり、馬主ではないので当然です。

またパドックの中も馬主エリアなので入れません。

栗東、美浦の各トレーニングセンターに入る

栗東、美浦の各トレーニングセンターにも入れません。

こちらも同じでクラブ会員は馬主じゃないからです。

出資馬に会うのは牧場見学で会いましょう。

出走レースの選択、騎手の選定

出走レースの選択、騎手の選定はできません。

あのレースに出走してほしいなぁとか、あの騎手にのってほしいなぁと思っても自分ではえらべません。

出資馬の出走レース、また騎乗する騎手はクラブと調教師で決めます。

一口馬主は儲かるのか

・一口馬主の仕組み

・一口馬主の経費

・一口馬主の始め方

・一口馬主で出来る事

・一口馬主で出来ない事

上記について書いてきました。

一口馬主は、実際の馬主じゃないけど、馬主みたいな体験ができます。

出資馬にお金も払うし、出資馬が勝てばお金が支払われます。

また口取り式に参加できたり、牧場見学で出資馬に会うこともできます。

馬主じゃないので出来ない事もたくさんありますが、馬券を買ってるのと違った体験ができます。

実際に2014年からやっている僕ですが正直、儲かってません。

キー
キー
一口馬主で儲けるのは難しい・・・

それでも、すごく楽しい趣味なので興味を持ってもらえたらうれしいです。

こちらの記事もおすすめ!