一口馬主

一口馬主でかかる費用を紹介【キャロットクラブ】

2014年からキャロットクラブに入会しているキーです。

一口馬主をやってみたいな~と思っているけど、

「どれくらい費用ってかかるんだろ?」

と思っているあなたのために、今日は実際にかかる費用を紹介します。

今回はキャロットクラブです。

キャロットクラブ ホームページ

https://carrotclub.net/

一口馬主でかかる費用は固定費と維持費の2種類ある

一口馬主でかかる費用には、固定費維持費の2種類の費用があります。

・固定費(一度支払ったら終わりの費用)

・維持費(毎月、毎年、かかる費用)

固定費(一度支払ったら終わりの費用)

固定費

・入会金 

・馬代(出資金)

入会金

キャロットクラブの場合、入会金¥22,000となっています。

入会金は、クラブ入会時に一度支払ったら終わりです。

馬代(出資金)

馬代(出資金)は馬ごとにかわってきます。

2019年のキャロットクラブの募集馬で見てみると、

一番安い馬で¥25,000(2万5千円)

一番高い馬で¥350,000(35万円)でした。

一番高い馬一番安い馬では、\325,000(32万5千円)もの金額差があります。

もちろん、¥30,000(3万円)の馬や、¥50,000(5万円)の馬¥100,000(10万円)の馬もいます。

ちなみにキャロットクラブは一括で支払うと2%の割引があります。

¥25,000の馬だと、¥24,500となり、¥500安くなります。

¥350,000の馬だと、¥343,000となり、¥7,000円安くなります。

出資金(馬代)は馬ごとに発生しますが、一度出資すると追加で出資金が発生することはありません。

・維持費(月々継続でかかる費用)

維持費

・クラブ会費(毎月)

・馬の維持費用(毎月)

・保険(毎年1回)

クラブ会費

¥3,300で、毎月必ず発生します。

クラブ会費は、何頭出資していても¥3,300です。

1頭の出資でも、5頭の出資でも¥3,300かかります。

※逆に引退して、出資馬が0頭になっても、退会しないと¥3,300かかります。

馬の維持費

それぞれの馬ごとに発生します。

例として僕の初出資馬の『レンベルガー』の場合は、

一番高い月で¥2,208一番安い月で¥854平均すると¥1,321でした。

※維持費の発生は2歳になってからです。

保険

保険料は毎年発生します。

保険料は年齢によって下記のように変化します。

2歳   → 馬代×100%×3% (一口¥30,000の場合 → ¥900)

3歳   → 馬代× 7 0%×3% (一口¥30,000の場合 → ¥630)

4歳以上 → 馬代× 5 0%×3% (一口¥30,000の場合 → ¥450)

一口馬主でかかる費用まとめ

・固定費と維持費がある。

・固定費は一度払ったら終わり。

・維持費は毎月、毎年、発生する。

実際にかかる費用を紹介します。

以下は、1口¥30,000の馬に出資して、入会した場合の想定です。

(維持費は平均¥1,300で計算)

・入会時に¥52,000の支払(¥22,000+¥30,000)

・毎月の支払は¥4,600(¥3,300+¥1,300)

・12月だけ保険代がかかるので、¥5,400(¥3,300+¥1,300+¥900)

1年でかかる費用 ¥108,100

¥52,000+\55,200+\900=\108,100

上記のように、一口¥30,000の馬に出資して入会した場合は、1年で¥100,000以上かかる計算になります。

最後に僕が実際に1年でかかった費用をご紹介します。

期間:2014年11月~2015年11月

(一口¥30,000のレンベルガーの出資)

・入会金¥21,600(僕が入会した時は消費税8%でした)

・馬代29,400(¥30,000の2%割引)

・クラブ会費¥38,880(¥3,240×12ヶ月)※当時は消費税8%

・馬の維持費¥12,399(平均¥1,033)

・保険代¥900

合計:¥103,179となりました。

僕が入会した時は消費税8%でしたが、それでも1年で¥100,000以上の費用がかかりました。

上で出した想定と約¥5,000程の差となりました。

実際には、賞金も入ってくるので収入もありますが、これだけの費用がかかります。

もちろん頭数が増えれば、それだけ費用が増えます。

実際にかかる費用をみて、いかがでしょうか?

すこしでも一口馬主をはじめたい方の参考になれば幸いです。

こちらの記事もおすすめ!