野球

中日ドラゴンズ 2018年ドラフト 1位 根尾昂

こんばんわ!中日ファンの鍵(キー)です。

2018年のドラフト会議で、中日ドラゴンズは、根尾昂くんの交渉権を獲得することが出来ました。

根尾くんは、日本ハム、巨人、ヤクルトと中日を含めた4球団での競合となりました。

与田監督のガッツポーズがよかったですね。

2018年 ドラフト1位

2018年のドラフト1位は、西武以外は高校生を1位指名しました。

根尾君が4球団、小園くんが4球団、藤原君が3球団と指名選手も偏りました。

個人的な感想では、金足農業の吉田君の名前が最初になかったのは驚きました。

根尾君と藤原君は同じ、大阪桐蔭高校で、同じ高校から二人でドラフト1位で7球団の指名はすごいですね。

そんな中、中日ドラゴンズはしっかりと、根尾君の交渉権を獲得できてなによりです。

中日ファンとしては、2006年のドラフト会議で、堂上直倫選手を3球団の競合で獲得できたとき以来の感動です。

堂上直倫選手は、そこまで活躍はしてませんが、僕は好きな選手です。

根尾君 高校時代

大阪桐蔭高校では、3度の甲子園優勝を経験しています。

2年生時の春の甲子園、それと3年生での春夏連覇の3回です。

ポジションは、投手、遊撃手、中堅手の3ポジションで出場しました。

投手と野手、両方で活躍したことから、二刀流もあるのかといわれています。

僕は、日本ハムに行けば大谷選手の経験から二刀流も考えられますが、中日では野手なんじゃないかと思っています。

野手で活躍するとしても遊撃手は、内野の花形ポジションなので、長く活躍できる選手が出来てほしいです。

ドラゴンズでの活躍イメージ

僕の予想では、先ほど挙げたように、内野手で行くと考えています。

内野の中でも遊撃手ではないかと思っています。

今年の中日の遊撃手は、京田選手と堂上選手がスタメンで出場しました。

京田選手はまだまだ若いので、ポジションをあけるのではなく、競争してほしいですね。

一番の期待は打撃力ですね。

今年の中日は、外国人選手に攻撃面では、大きく頼りました。

平田選手以外にも、日本人選手で打てる選手が出てきてほしいです。

根尾君は、岐阜県飛騨市の出身です。

中日としては、地元の選手となり、チームの顔になる選手に育ってほしいですね。

さいごに 活躍を期待

2018年のドラフトの目玉だった、根尾君が中日ドラゴンズに入団するのを楽しみにしています。

高卒選手で、すぐに活躍できる選手は稀です。

じっくり時間をかけても良いので、ドラゴンズのスターになってほしいです。

こちらの記事もおすすめ!