野球

中日ドラゴンズ 与田剛監督 就任

こんばんわ!中日ファンの鍵(キー)です。

2018年の中日ドラゴンズを率いた森監督が退任し、あらたに与田監督が誕生しました。

森監督はシニアアドバイザーという形で、ドラゴンズに残ることになりました。

森さんは、外国人の調査に強力なパイプを持っていると言われてます。

主に、ドミニカから格安のいい選手を獲得し、手腕を発揮してきました。

球団に残ってくれたのは朗報です。

あらたに与田監督を迎えたドラゴンズ、来年はCS出場してほしいです。

与田監督のイメージ

僕の勝手なイメージですが、HNKの野球解説者です。

実際に長年、NHKで野球解説をしていました。

あと印象的なのは、顔が男前です。

キリッとした男前です。

選手としてのイメージは阪神の選手です。

なぜなら、僕が野球を見るようになったときは阪神の選手でした。

パワプロにいたのでよく覚えています。

あとNHKのサンデースポーツも印象に残っています。

与田剛選手の成績

1989年にドラフト1位で、中日ドラゴンズに入団しました。

初年度の、1990年には31セーブをあげ、新人王に輝きました。

しかしながら、一番成績が良かったのは新人の年となってしまいました。

2年目は成績を落とし、3年目は1年目ほどではないにせよ、活躍しました。

4年目以降はケガにも苦しみ、登板数が激減してしまいました。

1996年には、ロッテにトレードに出されてしまいました。

ロッテでは1軍で登板することなく、自由契約となり、テスト入団で日本ハムに入団しました。

日本ハムでは1試合しか登板することができず、自由契約となりました。

そしてテスト入団を経て、阪神タイガースに入団することになりました。

そして、阪神タイガースでも1軍の試合に登板することなく、引退となりました。

初年度に新人王に輝きましたが、ケガに苦しみ、最終的には4球団を渡り歩きました。

指導者としての与田剛

引退後は、解説等をしながらコーチもしていました。

社会人野球チームのコーチ、全日本女子野球チームのコーチを務めました。

そして2009年には、WBC(ワールドベースボールクラシック)の投手コーチとして、日本の大会2連覇に貢献しました。

2012年にも野球日本代表のコーチを務めました。

2015年からは楽天イーグルスで投手コーチを務めていました。

そして2018年10月15日に中日ドラゴンズの監督に就任しました。

最後に:与田監督に期待すること

監督経験のない、与田監督です。

正直、ファンとして不安はあります。

それでも、今のドラゴンズの監督を引き受けてくれて、嬉しいです。

今までは投手コーチを歴任されてきた方なので、2018年シーズン、セリーグワーストだったチーム防御率を良くして、投手陣の立て直しをはかってほしいです。

しっかりとおさえて、守り、打ち勝つドラゴンズを作って行ってほしいです。

期待と不安の両方が入り混じっていますが、これからも応援します。

与田監督!強いドラゴンズを再生してください!!

こちらの記事もおすすめ!