ゲームレビュー

PS4 HEAVY RAIN 心の軋むとき 感想(レビュー)

キー
キー
こんばんわ、ゲーム大好きキーです。

今日の記事は、PS4で遊んだゲーム【HEAVY RAIN 心の軋むとき】のレビュー記事です。

僕は2018年4月のPS Plusのフリープレイに登場したときにダウンロードしていました。

実際にプレイして見て、非常に面白いゲームでした。

※PS4版はダウンロードしかありません。

ミステリーアドベンチャーゲーム

2010年の2月18日に発売された、PS3のゲームです。

2016年に、PS4版にリメイクされました。

僕はPS4版をプレイしました。

ジャンルはミステリーアドベンチャーとなっています。

アメリカの町で起きた事件を、4人の主人公がそれぞれの視点で、事件を追って行くストーリーです。

ゲームの操作はボタンを押す、スティックを傾ける、回すと、比較的簡単です。

またコントローラーを振る動作もあります。

ムービーの途中で、急に操作コマンドが出てくることがあり、「オイッ」となることがあります。

ゲームの難易度も選択できるので、ゲームに慣れていない人でも、難しくないと思います。

それに、操作に関しては、間違えてもゲームオーバーはありません。

ただ、操作の成否で展開は変わります。

エンディングも何種類もあり、僕は繰り返しプレイしました。

ストーリーが面白い

【HEAVY RAIN 心の軋むとき】の一番の面白さは、ストーリーです。

そのストーリーの流れにコマンド操作が入ってくるので、楽しみながらプレイできます。

僕は嫁さんと一緒にプレイしていましたが、二人で「次はどーなるんやろ~?」

とか言いながら楽しくプレイできました。

また随所に、プレイヤーが選択するポイントがあります。

そこでも、「それ選ぶんや~」とか、「さっきのって、こっち選んでたらどうなってたんやろね」とワイワイプレイしていました。

実際やっていて、違う選択をしていたらどうなるんかな?というのが、たくさんありました。

僕のプレイでは、主人公一人を助けることが出来ないままクリアしました。

プラチナトロフィー

今回はのプレイでは、プラチナトロフィーの取得まで遊びました。

プラチナトロフィーの取得の難易度は、今までやって事のあるゲームの中では簡単な方でした。

プレイ時間は、取っていないのでわかりませんが、50時間もかかってないと思います。

同じチャプターを何回か繰り返す必要があるので、作業面が強いのは否めません。

ゲームの難易度は関係ないので、すべてイージーで大丈夫です。

面倒だったトロフィーは、『エンディングマスター』『神風』『怖くなんかない!』の3つです。

『エンディングマスター』は、すべてのエンディングを見るために時間がかかります。

どうしても繰り返しのプレイになるので、作業感が出ます。

『神風』は、六軸の反応によってグズグズの時があります。

『怖くなんかない!』はついていくだけですが、操作ミスしないように気を付ける必要があります。

むちゃくちゃ取るのが難しい!っていうトロフィーはありませんでした。

まとめ オススメのゲームです

・ミステリーアドベンチャーゲーム

・ストーリーが面白い

・プラチナトロフィーは難しいというより、面倒なタイプ

以上がまとめです。

【HEAVY RAIN 心の軋むとき】は、オススメのゲームです。

ストーリーは面白いし、そこまで長いゲームでも無く手軽にできます。

僕はフリープレイでダウンロードしましたが、ソフトで買いたいと思っていたゲームなので、買っていても満足できる内容だと思います。

やったことなくて、興味がある人は是非ともプレイすることをオススメします。

フリープレイでダウンロードして置いている人は、ぜひやってみることをおすすめします。

HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-】以外にも、PS4でおすすめのゲームをレビューしています。

キー
キー
全て自分でプレイしておもしろかったゲームです。

良ければ、見てください、「【PS4】実際にプレイして面白かった、おすすめゲームレビュー【まとめ】

【PS4】実際にプレイして面白かった、おすすめゲームレビュー【まとめ】 今回の記事では、僕が実際にプレイして遊んだPS4のゲームをご紹介します。 どれも面白かったゲームなので、興味が出た...
こちらの記事もおすすめ!