釣り

初めての船釣りで持っていって良かったものを紹介 冬季

こんばんわ

釣りが大好きなキーです。

船釣りに初めて行ったので、その際に持っていって良かったものを紹介します。

初めて船釣りをした記事は「初めての船釣りに挑戦、太刀魚テンヤは初心者でも楽しめます」をよりどうぞ。

釣りに行ったのは1月と寒い時期だったので、寒い時期に船釣りしようと思う人は参考にしてください。

持っていったもの

・クーラーボックス

・タオル

・プライヤー

・ナイフ

・フィッシュグリップ

・ライフジャケット

クーラーボックス

基本的にクーラーボックスは必須です。

釣った魚を新鮮に持ってかえる為に使います。

船にクーラーを載せるかは、船によって違います。

生けすがあるところなんかは、船に載せなくても大丈夫です。

その場合、クーラーボックスは車に置いたままに出来るので助かりますね。

ただ、どっちにしろ魚を新鮮に持ち帰るには必須のアイテムです。

クーラーボックスのサイズは、釣る魚によるので、調整して持って行きましょう。

小さい魚を狙うのに大きいものは、積み降ろしが大変です。

タオル

船釣りでは、水しぶきが飛んできて濡れます。

また魚を絞めたり、餌の交換等で、手も汚れます。

ちょっと大きめのタオルを持って行くと便利です。

プライヤー

釣れた魚の針外しに使います。

僕は太刀魚を狙ったので、持って行きました。

歯が鋭い魚を釣るときは必須です。

魚の針外しや、ルアーの交換等にも使うので基本的に持って行くほうが良いでしょう。

ナイフ

魚を絞める用のナイフです。

船でやってくれる場合や、そもそも絞めない場合は不要です。

そんなに幅をとるものでもないので、僕は一応持って行きます。

小さい魚狙いで、氷絞めやハサミで絞めれる場合も不要です。

フィッシュグリップ

魚を掴むためのフィッシュグリップもあると便利です。

毒魚や、歯やヒレが鋭い魚は素手で掴むのは危険です。

安全のためにも持って行くことをオススメします。

ライフジャケット

海釣りには必須のアイテムがライフジャケットです。

持っていなくても基本的に、船で貸してもらえます。

レンタルは比較的ゴツイので、好みでなければ自分で用意しましょう。

僕は腰に巻くタイプが動きやすくて好きです。

服装について

・上下ともに防水

・靴は長靴

・帽子とサングラス

上下ともに防水ウェアがおすすめ

水しぶきや、釣った魚の処理、手洗いなんかで結構濡れます。

なので、上下ともに防水ウェアがおすすめです。

僕はワークマンの「イージスオーシャン」を使っています。

もちろん防寒ウェアじゃないと大変です。

冬の船釣りは本当に寒いです。

靴は長靴

靴は必ず長靴で行きましょう。

足もとはウェア以上に濡れます。

僕は長靴もワークマンで購入しました。

商品は「ワークマン AEGIS デッキブーツ」です。

キー
キー
履きやすくて良かったよ

帽子とサングラス

冬場でも日差しがあるので、両方持って行くほうがおすすめです。

僕は両方持っていきましたが、サングラスはあまり使いませんでした。

日差しがそこまで強くなかったので、帽子だけで大丈夫でした。

持って行けばよかったもの

・酔い止めの薬

・大きめのキッチンバサミ

酔い止めの薬

僕は初めての船釣りだったんで、船酔いするのかわからなかった為、特に用意してませんでした。

実際に釣りに行くと、吐きそうな感じはないけど、気持ち悪いなぁ~となりました。

次回は念のため、酔い止めの薬を飲んでいこうとおもいます。

せっかく、楽しむために船釣りに行くのに、ゲロゲロで身動きが取れなくなったら、本当にアホらしいです。

大きめのキッチンバサミ

太刀魚を釣りにいったので、大きめのキッチンバサミがあれば良かったと思いました。

隣の人は、ハサミで頭を落としていました。

船の帰りに処理してしまうほうが楽そうだったので、次回は用意しようと思いました。

まとめ 必要なものは様々

・持っていったもの

・服装

・持って行けばよかったもの

以上について書いてきました。

ただ実際には、狙う魚種や、季節によって必要なものは多少変化します。

ぜひ参考にして、船釣りを楽しんでください。

船釣りは本当に楽しいので、やったことない人もチャレンジしてほしいです。

 

僕が初めて船釣りした記事は「初めての船釣りに挑戦、太刀魚テンヤは初心者でも楽しめます」よりどうぞ。

初めての船釣りに挑戦、太刀魚テンヤは初心者でも楽しめます こんばんわ 釣りが大好きなキーです。 2020年の1月に友人(船釣り経験者)と、初めて船釣りに行ってきました! ...