釣り

ショアジギング初心者が始めるに当たって揃えた釣り具を紹介

こんばんわ!

子供の頃は良く釣りに行っていたキーです。

子供の頃は、近くの川でバスフィッシングを楽しんでいましたが、2018年10月に友達と海釣りに行く機会があり、新たにショアジギングに挑戦しました。

ちなみに、ショアジギングとは、陸からジグを投げて釣りする事です。

陸からでも、ブリなどの大物が釣れる可能性があります。

そんなショアジギングを始めるにあたって、そろえた釣り具を紹介します。

ショアジギングの必要な釣り具

久しぶりの釣りだったので、最初は友達にロッドとリールは借りて釣りました。

2回目の釣りでは、自分で道具を揃えてから向かいました。

ロッド、リール、ライン、リーダー、ジグがあれば釣りは出来ると思います。

それ以外に必要なものは、僕は友達と相談しながら、必要なものを揃えました。

ナイフとか、たも網とか、ライフジャケットとかですね。

この辺りは、釣り場や、スタイルによって変わると思いますので、必要に応じて揃えるのが良いと思います。

続けて、購入した物をご紹介します。

僕が購入したロッドは、『ダイワジグキャスター97MH』

リールは『ダイワスピニングリール16BG4000H』

ラインは『よつあみYGK G-soul スーパージグマンX8 3号』

リーダーは『シマノ オシアEX フロロカーボン 14号 50lb』

ロッド、リール、ライン、リーダー、全て楽天市場で購入して、27,000円程でした。

ジグは、比較的安価な『ジグパラ』を80gと60gで揃えました。

根掛かりが怖かったので、80gと60g合わせて10個用意しました。

ショアジギングの感想

ショアジギングのデビューは、沖堤防まで行ってきました。

連日、ブリが上がっている、兵庫県の武庫川一文字です。

朝の5時から15時まで頑張って釣りましたが、僕はエソしか釣れませんでした。

途中で一度、サゴシをバラシてしまい、もったいなかったです。

サゴシや太刀魚を釣っている人は何人か見ましたが、まわりを見ても、ブリやメジロ、ハマチを釣っている人は見なかったので、難しいんだなぁと思いました。

またショアジギングは、投げ続ける釣りになるので、すごく疲れました。

それでも、大物が釣れるロマンがあるので、引き続き挑戦したいです。

まずは、一匹釣りあげるのが目標です。

ショアジギングを関西地方でする

関西は、大阪湾でショアジギングをすることが出来ます。

先日僕が行った、武庫川一文字はすごく有名なところです。

関西地方は、沖堤防も多く、『武庫川一文字』『岸和田一文字』『垂水一文字』『神戸沖堤防』と釣り場がたくさんあります。

青物を狙って色んなところに行ってみたいです。

沖堤防以外でも、『西宮浜』『甲子園浜』『南芦屋浜』『須磨海岸』といった堤防からも狙うことが出来ます。

最後に 釣りは面白い

僕は久しぶりに釣りをしましたが、難しいし面白いです。

生き物が相手なので、必ず釣れるわけでは無いですし、ボウズだとしょんぼりします。

難しい分、釣れた時は嬉しくなります。

まずは青物を1匹釣りたいと思います。