一口馬主

G1ホースも輩出 シルクホースクラブの特徴を紹介

こんばんわ

2014年から一口馬主をやっているキーです。

今回は僕が所属している一口馬主クラブ『シルクホースクラブ』を紹介します。

僕は2014年にシルクホースクラブに入会しました。

以下について書いていきます。

・シルクホースクラブの特徴

・活躍馬

・僕の出資馬

キー
キー
G1ホースも出ているクラブだよ

一口馬主については『競走馬に出資する一口馬主、その仕組みを解説』を見てください。

競走馬に出資する一口馬主、その仕組みを解説 こんばんわ 2014年から一口馬主をやっているキーです。 今回は僕が一口馬主をやって経験したことをお伝えできればと思...

シルクホースクラブの特徴

基本データ

・入会金:11,000円

・月会費:3,300円

・募集口数:500口

入会金は入会時に1度支払って終わりです。

月会費に関しては、出資頭数に関わらず発生します。

募集口数は500口なっています。(過去には100口募集もありました)

毎年70頭ほどの募集があります。

募集価格の幅は広く、1,000万~1億5,000万まであります。

出資のイメージ

・1,000万=一口:2万

・2,000万=一口:4万

・4,000万=一口:8万

・1億(10,000万)=一口:20万

・1億5000万(15,000万)=一口:30万

実績制度

シルクホースクラブでは、実績制度を採用しています。

500口の内、300口を出資実績の高い人から順番に当選。

残りの200口は抽選となります。

過去3年の出資額が高い人ほど優先的に当選するルールとなっています。

抽優馬制度

募集の際に抽優馬制度というのがあります。

簡単に言うと、抽選枠での優先制度です。

抽優馬は1頭しか選べません。

200口の抽選枠が抽優馬だけで埋まってしまうと、実績が足りず抽優馬も使ってない人は落選となります。

もちろん抽優馬だけで、200口をオーバーすると抽優馬を使っていても抽選になります。

過去の活躍馬(G1ホース)

・シルクジャスティス

・シルクプリマドンナ

・ローブティサージュ

・アーモンドアイ

・ブラストワンピース

・グローリーヴェイズ

・インディチャンプ

・サリオス

2020年1月現在で、G1ホース8頭です。

シルクジャスティスやシルクプリマドンナのように、過去はシルクという冠名がついていました。

これからもG1や重賞を勝つ馬が出てくると思います。

僕の出資馬

2014年募集馬

・ジュメイラリーフ(ジュメイラジョアンの2013)

・ワンソックワンダー(マチカネタマカズラの2013)

・アデプタスメジャー(ダイワオンディーヌの2013)

2015年募集馬

・バレーロ(ベルベットローブの2014)

・ナイトバナレット(ナイキフェイバーの2014)

・クロスアミュレット(アドマイヤテレサの2014)

2016年募集馬

・アーモンドアイ(フサイチパンドラの2015)

・オブセッション(パーシステントリーの2015)

・セドゥラマジー(ウイッチトウショウの2015)

2017年募集馬

・クレッセントムーン(スカイクレイバーの2016)

2018年募集馬

・シャークスコーブ(ワイオラの2017)

2019年募集馬

・ブレーヴジャッカル(パーシステントリーの2018)

出資馬について

勝ち上がれない子もたくさん出資してきました。

それでも、アーモンドアイに出資することが出来てほんとに良かったです。

まとめ 今後もG1ホースが出てきそうな人気クラブ

・シルクホースクラブの特徴

・活躍馬

・僕の出資馬

という形で紹介してきました。

制度としては、実績制度がメインとなっております。

お金をかければかけるだけ有利になります。

非常に人気のあるクラブなので、実績がないと出資するのが大変な馬もいます。

今後、お金をかけて実績を積んでいく気があれば非常におすすめのクラブです。

お金をかけたほうが有利なシステムですが、僕は自分のペースで出資を楽しんでいます。

システムをしっかり理解して、付き合うことが大事だと思います。

 

一口馬主クラブ『キャロットクラブ』についても書いています。

G1ホースを多数輩出 キャロットクラブの特徴を紹介 こんばんわ 2014年から一口馬主をやっているキーです。 今回は僕が所属している一口馬主クラブ『キャロットクラブ』を...

一口馬主クラブ『ノルマンディーオーナーズクラブ』についても書いています。

出走回数は多め、ノルマンディーオーナーズクラブを紹介 こんばんわ 2014年から一口馬主をやっているキーです。 今回は僕が所属している一口馬主クラブ『ノルマンディーオーナ...
こちらの記事もおすすめ!